ろうきんでキャッシング可能?即日融資希望で今すぐお金借りたいけど

 

最近は銀行によるキャッシングが流行していますが、それは日本で低金利政策をとっているからです。日本が低金利政策をとっている理由は、景気を回復させるためといわれています。

 

金利を低くすることでお金を回すようにして世の中の景気を良くさせることが目的ですが、現実は様々な理由によりそれほど景気が良くなったとは言えません。

 

それとは別に、銀行としては低金利政策による打撃を受けているため、可能なかぎり住宅ローンなどよりも別の手段でお金を貸して金利をとる方法を選択せざるをえません。その一つがキャッシングになります。

 

キャッシングを行っている銀行はたくさんありますが、その中でもろうぎんはいったいどのようなキャッシングを行っているかなかなかわからないでしょう。

 

まず、基本的にはほかの銀行と同じように審査を行い問題がなければそのままお金の借り入れができます。上限としては、年齢制限がありますが満18歳以上で65歳未満ならば借り入れが可能になるわけです。

 

通常の銀行ならば20歳以上が原則になりますが18歳から借り入れできる点は大きな魅力といえるでしょう。ただし、年齢が若い分借入金額は原則的に少ないのがポイントです。

 

年収に関しては特に決まりはありませんが、最低150万円以上なければ借り入れができないとされています。

 

そのため、アルバイトなどでも借り入れが可能ですが合計で150万円以上になっているかを確認しておくべきでしょう。

 

インターネットで申し込むことも可能ですが、団体館員の場合に限って可能になりますので一般会員の場合には店頭に行って申し込みをする以外にありません。

 

審査の時間に関しては、最近はやっている即日審査などを行われておらず結果が出るまでに1週間程度はかかると考えておきましょう。

 

そのため、すぐにお金が必要な人にとっては、ろうぎんは選択肢に入らないはずです。

 

将来的にお金を借りたいけども、これから1週間以上の余裕がある場合には借入をするべきです。この点に関しては、ほかの金融機関に劣りますので、事前によく考えながら申し込みをする必要があります。

 

審査に通過すると、カードを発行できますが申し込みをしてから受け取るまで2週間から1か月ほど時間がかかるため、結果的に実際にお金を使うことができるようになるのはずいぶん先になることがわかります。審査の時の身分証明書ですが、運転免許証もしくはパスポートとそれ以外に健康保険証が必要になるでしょう。

 

団体会員の場合にはそれほど申し込みの書類は多くありませんが、一般会員の場合には書類などの提出する手間がかかるため、多少面倒臭いことを覚悟しておく必要があります。ここまで読むと、かなりほかの金融機関に比べて劣っているような感じがしますが、実際に金利は非常に安いのが特徴です。

 

一般会員であっても年利は上限が8.475パーセントと非常に低いことがわかります。

 

通常の銀行の場合には、上限が14.5パーセントから18パーセント程度になっていることを考えるとおよそ半分から1/3程度の金利になることがわかります。ここに、ろうぎん最大のメリットがありますので可能な限り金利が安いところを利用したい場合には積極的に利用するとよいです。

 

使い道に関しては、特に制限はありませんのでどのような使い方をしても問題ありません。

 

審査に関しては、債務整理があったかどうかは必ず問題になります。これはほかの金融機関と同じで過去に債務整理をしてしまった場合には借り入れできないのが原則です。特に、ろうぎんから借り入れを行い不覚にも債務整理をした場合には金輪際借り入れることが出来ないです。

 

では、この金融機関でお金を借りた時に債務整理をしてしまった場合には借り入れができるかといえば一定の期間に限り融資を受けることが不可能になります。

 

どのぐらいの期間不可能になるかといえば、これは金融機関の方で明示していませんので正確には不明な部分がありますが一般的には個人再生と任意整理の場合で7年間ほど融資を受けることができません。

 

これに対して、自己破産の場合は10年間借り入れをすることができなくなります。ちなみに、過払い金請求をした場合にまだ返済が終わっていない場合は任意整理に含まれてしまうためなら年間の借り入れが可能です。

 

そのため、過払い金請求をする場合には、借りたお金をすべて返済した後に行う必要があります。すべて返済した後に過払い金請求をした場合には、債務整理の対象にはなりませんので審査に通ることは十分可能です。

 

キャッシングをするうえで、過去に債務整理などの事由がなければそのまま審査に通ることはできるでしょう。最後に行うのは、在籍確認になります。在籍確認とは、融資を希望しているものが勤務している会社に本当にその人が勤務しているかを確認することです。

 

かつては在籍確認はありませんでしたが、勤務をしている会社を偽ったりして必要以上にお金をたくさん借りようとする人がいたため、確実に在籍確認をすることになりました。

 

労金のカードローンは即日融資可能?今すぐお金が必要だが、審査が不安

 

労金とは一般社団法人全国労働金庫協会の通称であり、銀行や信用金庫のような金融機関のうちの一つです。主に労働組合や生協、公務員などの人たちが利用するという特徴を持っていますが、基本的には銀行と同じようにサービスを提供する機関としてとらえておいても問題はないでしょう。

 

銀行との大きな違いは、全国展開しているわけではないので、居住地域により利用できる労金が異なるということです。日本全国には13の労金が存在しています。

 

 

今すぐお金が必要だと思った際に選択するものとしては、消費者金融や銀行カードローンなどがあげられますが、実は労金でもカードローンを取り扱っていて、即日融資は可能です。一般的に労金のカードローンの審査は消費者金融や銀行カードローンなどの審査と比べると時間がかかるといわれています。しかし労金の組合員になることにより、即日融資も可能となります。

 

労働組合などの組合員になる、もしくは出資金を支払うことにより労金の組合員になることが可能ですが、組合員になるとローンを借り入れた際の金利が優遇されたり、審査の手続きが素早く行われるなどのメリットがあります。もしも労金の組合員であるならば、即日融資の選択肢の一つとなることでしょう。

 

 

また消費者金融や銀行カードローンなどとは異なり低金利で利用できるのも大きなメリットです。関東を拠点とする労金を例に挙げると、組合員でない一般の人の場合には5.275パーセントから8.475パーセントという低金利です。

 

これに加え組合員や同一生計家族の場合になると4.055パーセントから7.255パーセントとなり、さらに団体会員の構成員になると3.875パーセントから7.075パーセントまでに優遇されます。これほどまでに低金利で利用できるカードローンはなかなか見られません。住んでいる地域の労金により多少は異なりますが、このような低金利で利用が可能となります。

 

 

さらに条件を満たせば金利の優遇もあります。金利の引下げ項目は全部で11項目あり、金利の引き下げ幅も最大で3.2パーセントと銀行カードローンよりもはるかに高いものです。元から適用金利が低いところに比べ、金利引き下げ制度も受けることができ、金利面に関してはいうことがないと言えるでしょう。反対にデメリットとしては、審査や融資に時間がかかることや、組合員でなければうまみが少ないということが挙げられます。

 

 

労金のカードローンを利用する際に気になることとして、多くの場合、審査があげられるでしょう。労金のカードローンの審査は、一般的なカードローンに比べるとかなりの低金利であることから申込者が多いので、それに伴って審査も厳しくなるといえます。

 

労金カードローンの審査基準とは、一般的なキャッシングの申し込み条件を比較することで審査の厳しさが分かることでしょう。一般的なカードローンの場合には20歳以上で安定収入があれば申し込みを行うことができます。

 

しかし労金カードローンの場合には、それ以外にも様々な条件が付くことになります。勤務条件として労金事業エリア内に自宅や勤務先があること、就労条件としては現在の職場で1年以上勤務していることとなっています。一般的なカードローンよりも申し込みの段階で、すでに多くの人が利用できない状況になっています。

 

なぜこのように厳しいのかという理由は、金利が低いことあります。金利が低いということはもし貸し倒れにあってしまった場合には、その金額の割合が大きくなってしまうことから、審査は慎重になるといえます。

 

そして労金カードローンは特別な条件を除いては審査が遅くなるといわれていますが、できる限り審査の時間を短縮したいものです。少しでも審査時間を短縮するコツとしては、まず第一に平日の午前中に申し込み行うということが挙げられます。労金の営業日は原則として平日のみとなっています。

 

カードローンセンターなどがあれば土日や祝日であっても窓口が開いていますが、労金の場合には相談窓口であるため申込窓口とは別になっています。そのためスムーズに審査を行うためにも、平日の午前中に申し込むことが必要となります。

 

そして希望融資額を低めに申し込み行いましょう。労金カードローンの場合には最大限度額が500万円となっていますが、だからと言って最初から限度額いっぱいで申し込んではなりません。限度額が高ければ高いほど審査は慎重に進められることになり、その分審査には時間がかかることになります。審査をスムーズにかつ迅速に進めるためにも希望融資額は低めの10万円から20万円ほどに抑えておくのがお勧めです。

 

最後に在籍確認をスムーズにすませましょう。審査の際には在籍確認が行われることになりますが、仮申し込みが完了した時点で勤務先に担当者の個人名で電話がかかってくることになります。申込者本人が電話に出ればそれで在籍確認は終了しますが、ほかの職場の仲間が対応することもあるでしょう。その際に営業で外に出ていたり、会議で席を外している、休みをもらっているなどの在籍していることが分かる内容が伝われば、在籍確認は完了します。

 

 

キャッシングの効率的な進め方

お金借りる即日

キャッシングの申し込み方法にはWEB申し込みと自動契約機がありますが、
自分に合った申し込み方法を採用することで、最短でお金を借りることができます。

 

確実にお金を即日に借りるには下記の方法があります。

 

@ネットのWEB申し込み手続きをする!
A近くの自動契約機でカードを受け取る!
B自動契約機に併設されているATMでお金を下ろす。

 

平日の昼間(銀行営業時間)でしたら、WEB申し込みから振り込み送金をしてもらって
至急お金を借りることはできます。

 

しかし消費者金融からお金を自分の指定口座に振り込んでもわらなくてはならないので、
消費者金融の審査は14:00までには完全に終了していなければなりません。

 

WEB申し込みは24時間365日稼働しているので、お金が至急必要になった真夜中でも
申し込みまではスグに行えますが、振り込みは銀橋営業時間内でしか行えません。

 

そのため自動契約を利用すれば、平日の夜でも週末(土日)でも
キャッシングカードの受け取りから、お金を借りることができます。

 

申し込みは夜中でも行えるWEB申し込みが速くて便利ですので、
自動契約機も利用して行くと至急お金を借りることが可能になります。

 

キャッシングしているのを秘密にしたいなら

キャッシングの申し込みを行う時に職場に電話確認が不要の消費者金融はあります。

 

それはモビットです。
モビットのWEB完結申込を行えば、職場への電話連絡を無くすことは可能です。

 

他にもキャシングの申し込みをしているのを誰にもバレたくなかったら、
一番簡単な方法は、大手消費者金融が設置している自動契約機を利用することです。

 

自動契約機の場所まで行かなくてはなりませんが、自動契約機でしたら
土日でも稼働していますので、土日にお金を借りることができます。

 

自動契約機の設置数でしたらアコムとプロミスが圧倒的に多く使いやすいです。
特にWEB申し込みと自動契約機が全国に配置されている消費者金融は下記になります。

 

自動契約機が全国に配置されている人気の消費者金融

>>アコムで安心してお金を借りる<<

アコムは今なら金利0円無利息サービスも行っているのでもっとお得です!

HPの3秒診断で事前診断が匿名で行えますのでキャッシングの目処が立ちます。


キャッシングの金利だけを見ると、銀行系のカードローンの方が金利は低く見えますが...

お金借りる即日

特に業界最低金利に挑戦しているオリックス銀行のカードローンの場合は、
年金利=3.0%〜17.8%とアピールしています。

 

3.0%と言う数字は凄いですね!
今でこそ低金利政策なので銀行に預金しても金利は殆ど付かないですが、
20年ぐらい前は銀行に預金しておけば、5%の利子が付く時代がありました。

 

時代の前後はありますが、キャッシングの利子の方が
銀行預金の利子より低いことになり

 

同じ時代でこの金利条件が発生していたなら、キャシングでお金をたくさん借りて、
銀行預金に回すだけでも利子でお金が儲かる計算になります。

 

そんなことは現実に起こらないですが、
それでもキャッシングの金利が3.0%と言うのは驚異的です。

 

キャッシング&カードローン業界の最低金利に挑戦していると
言うだけのことはります。

 

ただ金利3.0%で借りられるのは、借入最高限度額である800万円コースを選択した時であり、
いくら金利が安くても800万円も借りてしまうと返済が大変過ぎますよね!

 

現実的に金利を見る時は最低金利を見るのではなく、
普段借りる金額で適用される最高金利を確認した方が良いです。

 

オリックス銀行カードローンでも100万円未満の借り入れの場合は、
12.0%〜17.8%の金利が適用されるので、大手消費者金融と変わらなくなってしまいます。

 

↓↓↓おすすめのカードローンサービスはコチラから↓↓↓

お金借りる 安心

>>安心してお金を借りるにはコチラを参照下さい<<



このページの先頭へ戻る