パソナ派遣社員の在籍確認 審査で会社に電話あり?電話のタイミング 連絡なしキャッシング

 

パソナ在籍確認

 

大手人材派遣サービスのパソナに登録をして派遣社員として大手企業などで働いている人は、キャッシングへの申し込みで勤務先情報をなんと書けばいいのか迷うのではないでしょうか。

 

ここではキャッシング申し込み時に迷う人が多い勤務先情報の記入方法と在籍確認について解説をしたいと思います。

 

キャッシングへ申し込みをする場合、勤務先情報の記入は必ずあります。ここを空欄にすると高い確率で審査に通りません。インターネットから申し込みをする場合なら、そもそも必須事項を埋めないと先に進めないようにもなっています。

 

例外的に主婦の人なら配偶者貸し付けを利用する、つまりは旦那の属性で審査を受けられる場合もあります。

 

パソナに登録をして派遣社員として働いている人は、大手人材派遣会社であるパソナに所属している状態です。給料の支払い、社会保険への加入なども基本的にすべてパソナで手続きがされます。

 

それでは、勤務先情報には派遣会社の名前を書くべきでしょうか。

 

明確な間違いではないものの、これは一般的な書き方ではありません。

 

キャッシングへの申し込み時には、実際に勤務をしている会社の名前・住所・電話番号を書くべきです。

 

人材派遣サービスのパソナに登録をしていて大手企業へと派遣されているとしましょう。

 

その場合、実際に勤務をしている大手企業の名前を書くのが一般的です。雇用形態を記入する欄があったら「派遣」と書くとよいでしょう。

 

雇用形態を記入する欄がなかったら誤解されてしまいそうですが、なにも問題はありません。実際にその大手企業で働いているなら、それが派遣という雇用形態であっても嘘ではないからです。

 

在籍確認では実際に勤務している企業に対して電話がかけられます。キャッシング会社は「佐藤と申しますが、田中太郎さんはいらっしゃいますか?」などと個人名で電話をかけます。

 

そこで、「田中はただいま席をはずしています」などの回答があったら田中太郎という人物が在籍していることがわかるので、在籍確認はクリアです。

 

本人が電話に出るのが一番確実ですが、「田中はただいま席をはずしています」「本日は欠勤しています」などという回答でも問題ありません。

 

ただし、「病気で長期欠勤中で、いつ復帰するかわかりません」という回答ですと安定した収入を得られている状態とはいえないので融資を断られる可能性が高いです。

 

まともな会社なら基本的には派遣社員でもしっかりとつないでくれるはずですが、中小企業などでは電話に出た事務員の人が派遣社員の名前までは覚えておらず「田中太郎という人はいません」などと答えてしまうこともあるそうです。

 

その場合には在籍確認がクリアできないので注意かもしれません。

 

その対策として、事務員の人にあらかじめ「クレジットカードの審査に申し込んだので電話がかかってくると思います。よろしくお願い致します。」などと言っておくという方法がよく紹介されています。

 

キャッシングの審査に申し込みをすると、まずは属性審査がされます。

 

すなわち、年収・勤続年数・勤務形態・個人信用情報などがまずチェックされるということです。希望する借入金額に対して年収が低すぎる場合などには審査で断られます。

 

また、過去にクレジットカードの支払いで延滞を繰り返していたり、金融事故を起こしてブラックリスト入りしていたりする場合には個人信用情報が原因で審査落ちする可能性が高いでしょう。

 

属性審査において問題ないと判断されたら、次は申告された勤務先で本当に本人が働いているかどうかを確かめられます。

 

そのため、年収などの属性でNGが出た場合には在籍確認はされないということです。

 

消費者金融の審査に落ちた人は、ほとんどの場合に属性が問題で落ちています。在籍確認が通らなかったという理由で落ちるという人はむしろ少数派でしょう。

 

銀行や消費者金融は「なぜ審査に落ちたのか」という理由までは教えてくれません。しかし、会社への在籍確認が行われたかどうかについては聞いたら答えてくれることがありますので、気になったら聞いてみるとよいでしょう。

 

そこでもしも「会社に電話をかけましたが、在籍が確認できませんでした」という回答がきたら、もう一度お願いするという方法があります。

 

「たしかにそこの会社で働いています。派遣社員なので名前を憶えられていないだけかもしれません。」などと相談をしてみるとよいでしょう。

 

いかがでしたでしょうか。クレジットカードやローンの審査では派遣社員の人はむしろ有利になると言われています。

 

アルバイトやパートで働いている人も対象にしているので、フルタイムの派遣で働いている人はむしろ安定した収入を得ているとみなされやすいからです。

 

正社員で働いている人に比べたらやはり不利になってしまいますが、ITエンジニアなどの専門職についていて高い年収を得ている人なら正社員よりも有利になることがあります。

 

まずは申し込みフォームへの記入をしっかりとすることが大切です。

トップへ戻る