主婦がカードローンを申し込む時に審査で気をつけること

主婦 専業主婦 カードローン

主婦がカードローンを利用する場合には、

 

安定した収入を得ていることが大前提にあります。

 

安定した収入と言っても会社に勤めるまでが必要では無く、

 

パートやアルバイトなどで、ある程度の収入を得ていれば問題ありません。

 

 

そのためカードローンの審査に通りたければ、

 

パートなどで働いていれば良いことになります。

 

カードローンの審査で大切なことは、安定した収入があるかどうかを判断し、

 

そして返済を行うことが出来るか?ということです。

 

収入が無い人に貸し出したとしても、収入が無いために

 

その金額が戻ってくるという保証が無いため

 

貸し出し側の消費者金融も貸したいのに貸し出すことが出来ないのです。

 

 

そのため返済能力がある人にしか貸し出すことが出来ないのです。

 

審査で大切なことは、安定した収入と、そして勤続年数です。

 

単に収入があるだけでは、その収入が一時的なものである場合には、

 

その後の返済において難しくなってしまうからです。

 

 

借入する金額にもよりますが、長期的に返済を続けてもらう場合には、

 

勤続年数が重視されてきます。

 

勤続年数が長ければ長いほど、その期間収入を得ていることになるので、

 

高い支払い能力を期待することができて、借入金額も高くすることが可能になります。

 

 

このため主婦がカードローンの審査を申し込むときの注意点は、

 

パートなどで収入を得ていることと、そして借入金額を高くしたい時は

 

勤続年数が長いことがポイントです。

 

 

特に主婦の場合、特に専業主婦である場合には審査を通ることが

 

難しくなってしまうために、まずパートなどで働いていることが望ましいです。

 

世帯ごとの収入で審査が通る所もありますが、そういう所は少ないため

 

少しでも働いていることが望ましい条件になります。

 

 

消費者金融では総量規制の法律がありますので、

 

年収の1/3までしか借入は行えません。

 

専業主婦の場合はそもそも収入が無いので、

 

総量規制が適用される消費者金融は利用できないです。

 

 

逆に銀行系のカードローンでしたら、専業主婦向けのカードローンサービスを

 

出している会社もあります。

 

・ネットの買い物でよく利用する楽天銀行カードローンと

 

・普段の買い物でよく利用するイオン銀行カードローンには

 

専業主婦専用のカードローンサービスがあります。

 

 

借り入れできる金額は50万円までですが、

 

従来は借入が厳しいと言われている専業主婦向けのサービスであり

 

キャシングサービスの多様化が現れている証拠です。

 

↓↓↓おすすめのカードローンサービスはコチラから↓↓↓

お金借りる 安心

>>安心してお金を借りるにはコチラを参照下さい<<

 

 

レディースローン 専業主婦がお金借りるとき、在籍確認の電話はどうしたらいい?審査に通るか不安

 

基本的に消費者金融を利用する場合には収入があることが前提になっています。正社員でなくてもパートやアルバイトでも安定した収入があればカードローンを利用することができます。消費者金融では女性に積極的に借りてもらうことも目的としたレディースローンもあります。

 

これは借り入れ条件などは一般的なカードローンと同様ですが、女性用と銘打っているので、気軽に女性もカードローンを利用しやすいというメリットがあります。ですがこの消費者金融のレディース向けのカードローンもやはり専業主婦では利用できません。

 

専業主婦は収入がないので、消費者金融のカードローンやキャッシングは利用できないのです。そうなると専業主婦はどこからも借りることができないのでは不安に感じる人も多いです。収入がない専業主婦こそいざというとき借りることができる手段をもっておきたいというのが本音だからです。そんな専業主婦はカードローンやキャッシングは銀行のローンを利用することができます。銀行のほうが審査が厳しいのではないかと考えますが、銀行では総量規制を受けませんので専業主婦でも借り入れが可能になります。ですが、利用するためには配偶者に安定した収入があることが前提です。

 

つまり配偶者の収入によって銀行のカードロ−ンやキャッシングを利用できるのです。借りることができる金額は各銀行によって多少違ってきますが、やはり比較的一般の借り入れよりも少なめで、最大でも50万ほどです。初めての場合などは上限10万円ほどが多いでしょう。銀行も女性用のレディースローンを展開していますので、まずはそういったところから申し込むのがよいかもしれません。

 

またお金を借りるときには審査の最終段階で在籍確認があります。これは申し込み時にかかれた職場に本当に在籍しているかの確認で、電話でかかってきます。パートやアルバイトでもパート先アルバイト先にあります。けっして金融会社名でかかってくることはなく、かならず個人名での電話になりますので、安心して聞かれたことに答えれば大丈夫です。では専業主婦の場合にはどこにこうした在籍確認の電話がかかってくるのでしょうか。実際には専業主婦が銀行にカードローンなどを申し込んだ場合には、在籍確認の電話はかかってきません。

 

その代り本人確認のため携帯などに確認電話がありますので、きちんと対応することが重要です。基本的なことしか聞かれませんので、落ち着いて答えればよいでしょう。配偶者の収入が大切ですが、この在籍確認の電話は配偶者の仕事先にかかってくることはありませんので安心してください。銀行は審査が厳しいイメージですので、ちゃんと審査に通るか不安になることも多いです。

 

ですがきめられた書類などを提出することで、特にほかで延滞や債務整理といったブラック扱いになっていなければ、比較的すんなりとカードロ−ンなどを利用できます。ではどのような銀行のカードローンが利用しやすいのでしょうか。

 

おすすめは楽天銀行やイオン銀行などが審査に通りやすいといわれています。ショッピングサイトや大手スーパーなどは主婦にとっても身近な存在ですし、積極的にレディースローンとして借り入れをすすめてもいますので、比較的申し込みやすいです。申し込みはネットからもできますし、イオンですと店舗内に専用のATMなどもありますので、ちょっと買い物のついでに利用ということも可能です。

 

初めてカードローンを申し込むときはどうしても不安感が強くなりますが、きちんと自分ならどういった条件のところで借りることができるか調べて申し込めば、それほど問題なくスムーズに借りることができます。ひとつ注意したいのは、とにかく審査に落ちたら困るからといって、一度に数社の銀行に申し込むことは避けたほうが無難です。

 

ほかが落ちてもどこかで通るのではないかと滑り止めの感覚で複数申し込んでしまう人がまれにいますが、それはかえって逆効果です。お金に困っているのではないかと判断されて、通る審査も通らなくなってしまう可能性があります。

 

ですので、専業主婦でカードローンやキャッシングを利用したいときには、よく吟味して一つか多くても二つの銀行にしぼったほうが無難です。また、普段から夫の給与口座にしていたり、公共料金などの引き落としに利用している銀行があれば、そうした銀行のカードローンも調べてみるとよいでしょう。

 

きちんと取引がなされ、引き落としも毎月されているのであれば、銀行にとって信頼できる顧客ということになりますので、そうしたところではカードローンなどの審査は通りやすくなります。

 

審査に通ったからといってもカードローンは借金のひとつですので、確実に返せる金額で借りるようにします。必要な分だけを借りるようにし、少し多めに借りておこうなどとは考えないほうがよいです。借りた分は返済が待っていますし返済が滞ればどこからも借りられなくなることもありますので、十分注意して借りるようにします。


[主婦のカードローンの利用方法]の関連ページ

主婦がカードローンの限度額を増額するためには、利用中の返済能力の信用度を上げることが大切です。増額の際には支払いが滞っていると、支払い能力が無いと判断されてしまいます。そのため出来る限り返済では、支払期日を守りつづけることが大切であり、一度でも返済期日を守らない場合には、限度額増額の審査に落ちてしまう可能性が高くなります。そのため利用中は常に計画的に利用方法を考えなければなりません。主婦の場合には...

レディースローンは女性が利用しやすいように女性専用に環境を整えたカードローンです。ただ女性とはいっても収入のない専業主婦は利用するのが難しいのが現実です。レディースローンは消費者金融が提供するカードローンサービスであり女性が利用しやすいように専任の女性オペレーターが対応してくれます。サービス内容自体は通常のカードローンサービスと同様であり、女性の方でしたら積極的にレディースローンを利用するメリット...

消費者金融や銀行等の金融業者が提供している個人向けのカードローンは、簡単な申し込みで早くお金を借りる事が出来るというのが特徴の商品です。担保や保証人を必要としないので、審査に申し込む前の面倒な準備はありません。借入金額にもよりますが、余程の高額でなければ申し込み時に用意しなければならないのは、運転免許証等の身分証明書だけです。担保や保証人が必要な商品と比較すると金利は高めですが、審査の難易度は低く...

専業主婦のキャッシングは総量規制の法律があるので、専業主婦はなかなかカードローンを利用しにくくなっています。特に総量規制が適用される消費者金融では難しいため、銀行系のカードローンを利用することになります。ただ銀行系カードローンも全ての銀行で専業主婦向けのサービスを行っている訳では無く、専業主婦向けのサービスがある銀行は限られています。銀行カードローンの審査はやや厳しく、また配偶者の収入証明などが必...

消費者金融と銀行系のカードローンの一番大きな違いは、銀行系のカードローンは総量規制の対象外であることです。総量規制とは、年収の3分の1以上は借り入れが出来ないようにした法律です。この法律は、消費者金融が社会的な問題になった時に、改正貸金業法により定められたもので、収入の無い専業主婦はキャッシングは出来なくなりました。しかし銀行は貸金業法でなく、銀行法の適用を受ける為に借り入れることが可能であり、最...

最近は、女性でも安心して融資を受けられるようなキャッシングが珍しくなくなっています。店舗側の窓口も女性が揃っており、女性が使うためのキャッシングです。キャッシングを使いたいと思う時には、人それぞれ背景事情があります。女性でも、キャッシングの必要性が出ることはあります。女性がキャッシングをする場合には不安が何かと多いようです。電話でも、窓口でも、全て女性スタッフが対応していることがわかれば、相談もし...

トップへ戻る