学生ローンを利用する場合には親バレしてしまうことはあるのか?

カードローン,お金借りる,学生

学生時代には就職活動や、学費などでお金がかかることが多いと思います。

 

教科書の購入や、サークル活動などで急な出費が重なる場合もあります。

 

そのため学生ローンを利用する人が多くなっています。

 

学生ローンを利用することにおいて、一番の関心ごとは、親バレをしてしまうかどうかの問題と思います。

 

キャレントなどの学生ローンを借りた後、親にばれること自体がかなりのリスクですよね。

 

消費者金融なども通帳記入や、郵送物で親にばれてしまうのでは?

 

と思うかもしれません。

 

親にばれずにお金を借りる方法はあるのでしょうか?

 

学生にとって親にはあまり迷惑はかけたくないものですが、

 

正当な理由の借金でどんな形で借りたとしても、それは借金であることには変わりありません。

 

万が一学生ローンを借りていることを親に知られてしまったら、無用な心配をかけてしまうことになります。

 

そのため学生にとって、出来る限り親バレをしないで学生ローンを利用したいという心情の方が多いのも事実です。

 

学生ローンでは、親バレを心配する必要はありません。

 

在籍確認をはじめ契約内容は、外部の人に漏らされることはないからです。

 

 

これは身内である親にあたっても例外ではありません。

 

そのため契約を結んだからといっても、親にその契約をしたということの電話をされることはないのです。

 

 

学生ローンを利用する人は、親にばれたくないという人が大半です。

 

そのため学生ローンの金融機関の人たちも相応しい契約内容を用意しているので、

 

親バレが少なくなるのです。

 

 

またどうしても心配という人は、学生ローンを利用したいと思っている金融機関のオペレーターに相談をしてみることをおすすめします。

 

同じ考えを持っている人が利用することが多いために、オペレーターも親バレについて詳しく教えてくれます。

 

そのため相談をすることで、安心して利用することが出来るのです。

 

親ばれしないキャッシング金融会社

 

→ アコムカードローン

 

→ プロミスカードローン

 

 

ただバレたく無いなら、しっかりと返済も完遂することを念頭に借り入れ願います。

 

親に隠し続けて借金を返せなくなったのでは、事態は悪くなってしまいます。

 

カードローンは計画的な利用が何よりも大切です。

 

↓↓↓おすすめのカードローンサービスはコチラから↓↓↓

お金借りる 安心

>>安心してお金を借りるにはコチラを参照下さい<<

 

親にばれずに学生ローンを組むなら参考にしてみてください。

 

 

学生カードローンの審査、手続きで親ばれを防ぐために知っておきたいこと

 

大学を初め、短大や専門学校に通うようになると高校時代とは違って何かと付き合いも増えることになります。

 

両親から仕送りを受けている学生さんもいますし、親元から学校に通っている人など様々ではありますが、付き合いが増えることでお金も必要になって来ます。

 

親元から通っている場合、両親から毎月一定額のお小遣いを貰っていたり、地方から都心の学校に通うために一人暮らしをしている場合には、仕送りの中で毎月生活を送るケースは多いと言えましょう。

 

大学や短大などは、毎日授業があるわけではない、曜日によっては午前中だけ学校に通って勉強をし、残りの時間はアルバイトをする人も多いものです。

 

 

アルバイトは時給制であり、1か月間の中で多くの時間を働けば、働いた分だけのアルバイト料が入ります。

 

しかし、学生さんは勉強することが必要不可欠、アルバイトをすると言っても限られた時間の中で稼ぐしかないわけです。

 

急にコンパがあり、それに参加することになっても、先立つものがなければ参加が出来ません。

 

無理してお金を使ってしまえば1か月間の生活もかなり苦しいものとなるわけです。

 

こんな時に役立つ存在になってくれるのが学生ローンです。

 

このローンは学生証を提示することで返済能力に見合う金額のキャッシングが出来るのが魅力ですが、親ばれが不安ですよね。

 

アルバイトをしている、両親からの仕送りがあるなどの諸条件がありますが、親ばれの心配はありません。

 

また、アルバイトで稼いでいる場合には、返済能力が高いとみなされるため審査通過もしやすくなります。

 

申し込み方法はローンを用意している金融業者の店舗に出掛ける方法とネットでの申し込みの2通りが一般的です。

 

ネットの場合には申し込みから融資までをネットで完結出来るケースもあるので便利です。

 

親ばれに関してはカレッジなどの中小学生ローンの会社のオペレーターに相談してみてください。

 

この時必要になるのは学生証のみ、後は申し込み書に記載してある内容に基づいて審査が行われます。

 

ちなみに、申し込み時には希望額を記載しますが、希望額通りの金額を貸して貰えるケースと減額が行われた形で融資が行われるケースがあります。

 

必ずしも希望額で借り入れが出来るわけではありません。

 

学生証以外にも、自動車の運転免許証を持っている場合には運転免許などの本人確認書類の提示もしくはデータ送付が必要です。

 

運転免許証をお持ちではない場合には、健康保険証やパスポートなどのような公的機関が発行を行った証明書類を用意しておきましょう。

 

この時注意をしなければならないことは、年齢に応じて書類の種類が異なる点です。

 

学生ローンの多くが18歳以上の人を対象にしている、学生証を持つ学生さんの専用であることです。

 

学生証がなければ審査を受けることは出来ません。これは学生ローンが学生を対象にしたローン商品になるためです。

 

本人確認書類は、申し込み者が本人確認を取ることが出来る人物であるのか否かを証明するためのものです。

 

また、もう一つ忘れてはならないことは、未成年者は両院に親権を持つため、両親の了解を得た上で申し込みをするなどがあります。

 

仮に、学生だからと言って、18歳の年齢では親権は両親にあるため、両親の承諾書が必要になり、親に知られてしまうことになるわけです。

 

一方、成人を迎えている場合には、親権は両親にあるわけではありませんので、自らの責任の中で学生ローンの利用が出来ます。

 

本人確認書類には生年月日が記載してあるものを使うため、未成年者であるのか否かは書類をチェックすれば分かります。

 

親にばれないために生年月日を詐称してしまうと信頼がゼロになるため、正直に申し込みしなければなりません。

 

ネットでの申し込みの場合、学生ローン専用カードが自宅に郵送されることになります。

 

自分が外出している時にカードが届けば両親にローンを利用していることを知られてしまうことになります。

 

店頭での申し込みの場合は、書類の郵送がないので、郵便物で両親に知られてしまうケースは少ないと言えましょう。

 

ところで、未成年者だと両親の承諾が必要になるのかお分かりでしょうか。

 

未成年者は18歳などの年齢でも親権は両親にあります。

 

万が一返済が出来なくなった場合、未成年者に対して借金返済を求めることは出来ません。

 

これに対し、親権者に対しては借金返済請求が出来るなどの違いがあります。

 

簡単に言えば、未成年者には借金返済の催促が出来ないものの、親権者に対しては可能にするわけです。

 

両親に承諾書を書いて貰えば一番楽ですが、承諾書には金融業者の社名なども記載してあるなどからも、両親に知られてしまうデメリットがあります。

 

しかしながら、20歳を超えている成人の場合は、自らの責任が付与されます。

 

親に承諾書などの書類作成を頼む必要がありませんし、返済が出来なくなった時には自らが責任を負う必要を持ちます。

 

学生ローンを利用する時、親ばれを防ぎたいのであれば、年齢が20歳を超えてからにする、未成年の時には申し込みを控えるなどがお勧めです。

 

また、返済が遅れると親に連絡がいきますので、親ばれを防ぎたいなら、注意してください。


[学生のカードローンの利用方法]の関連記事

カードローン,お金借りる,学生
学生時代には就職活動や、学費などでお金がかかることが多いと思います。教科書の購入や、サークル活動などで急な出費が重なる場合もあります。そのため学生ローンを利用する人が多くなっています。学生ローンを利用することにおいて、一番の関心ごとは、親バレをしてしまうかどうかの問題と思います。キャレントなどの学生ローンを借りた後、親にばれること自体がかなりのリスクですよね。消費者金融なども通帳記入や、郵送物で親...
カードローン,お金借りる,学生
親元から離れて賃貸で暮らしている学生さんは、仕送りに頼らずにアルバイトやパートで働いている方も多いでうしょう。しかし授業料やサークル費、恋人との交際費などで、学生の場合でも何かと出費がかさんでしまうものです。ただ学生の場合は、お金が足りなくなっても、キャッシングカードやカードローンでお金を借りることが出来ないケースもあります。そもそもキャッシングやカードローンでお金を借りるのは、最終手段にする必要...
カードローン,お金借りる,学生
学生ローンを利用する際の気になることの一つに、周りの友人や知人、そして親に知られたくないという方も多いのではないでしょうか!そういった学生さんの悩みは、学生ローンの会社の方も十分熟知していますので、安心してお金を借りることができます。たとえ自分が初めてお金を借りようとしているとしても、オペレーターの方は今までのたくさんの経験があるプロであるという事を忘れてはいけません。つまり、申し込みをする際には...
学生の方がお金を借りるときには学生ローンが便利ですが、そのほかにもお金を借りる方法はあります。まず、学生の方でもすでに成人していて、アルバイトなどで収入がある場合は消費者金融に申し込むことができます。一般的な学生ローンの場合は親権者の方の同意が必要であることも多いですが、消費者金融の場合なら、安定した収入があれば、アルバイトの方でも本人の名義で申し込みができます。すでに成人している方なら、親権者の...
即日融資サービスが充実しているのは、大手消費者金融です。学生が消費者金融業者を利用するためには、申し込み条件として学生が借りれるところを選ぶ必要があります。学生というよりも20歳を超えた成人でアルバイトなどの継続した収入があれば申し込みできます。大手消費者金融でしたら無利息ローンなどのお得なサービスもありますので、即日サービスと合わせて利用したいですね!学生がすぐ借りれるキャッシング会社にはアコム...
学生でもパートやアルバイトで安定した収入があり、20歳を過ぎていれば消費者金融でキャッシングが可能です。ただし、親ばれを防ぐためには金融会社側からの郵送や電話での自宅への通知をなくして、すべての手続きの連絡を、自分の携帯電話に設定したりする必要があります。、加えて借り入れするたびに発行される利用明細書もすべて郵送ではなくウェブ上でチェックできるようにあらかじめ設定しておく必要があります。あとは、借...
トップへ戻る