学生が利用できる学生ローンの特徴と利用する時の注意点

カードローン,お金借りる,学生

学生ローンとは学生をターゲットにした消費者金融のカードローンの

 

サービですが、学生本人が申し込んで、学割も効くところが多い

 

カードローンサービスのことを言います。

申し込み方法
は一般的なカードローンサービスと同様で、

 

審査を通らなければ利用することができません。

 

 

学生ローンでは収入の少ない学生に対しても融資が可能なように思われていますが、消費者金融ですから学生といえども、安定した収入が無ければ利用することはできません。

 

 

しかし学生ですから就職している訳では無いので、学生ローンの審査の対象となるのは、アルバイトでの継続収入で良いと言う特徴があります。

 

 

基本的な部分では消費者金融のカードローンですので共通する部分が多くなりますが、学生ローンでは借入額が50万円までに制限されることが多いです。

 

 

50万円までであれば収入証明書の取得が義務付けられていませんので、低所得者でも利用できる特徴があります。

 

 

申し込み方法はカードローンと同じですが、学生ローンは審査基準に関しては、若干緩くなっているのが特徴と言えます。

 

学生ローンでは在籍確認を行わないのが普通ですが、本人確認は行われますので、携帯電話の番号を指定するなどの対応が必要です。

 

 

消費者金融のカードローンですので、学生ローンも総量規制の対象となります。

 

総量規制で年収の3分の1までしか利用できませんので、学生のアルバイト収入では利用できる金額も必然的に少なくなります。

 

逆に沢山借ることができてしまうと、収入が決して多くは無いので返って危険です。

 

 

学生でもアルバイト等で安定した収入があれば、CMでお馴染みのプロミスやアコムと言った大手消費者金融も利用することが可能です。

 

その時の条件は『20歳以上で日本に国籍があり定期的な収入があること』となります。

 

学生と言うよりは20歳を超えた一社会人としての対応が必要となります。

 

 

特に学生だったら消費者金融を利用することは初めてのケースも多いと思いますので、無利息キャンペーンを行っている大手の消費者金融を積極的に利用していくとお得になります。

 

↓↓↓おすすめのカードローンサービスはコチラから↓↓↓

お金借りる 安心

>>安心してお金を借りるにはコチラを参照下さい<<

 

学生ローンおすすめは 低金利で使いやすい金融会社を希望 お金を借りる方法

 

学生でも利用できるカードローンのことを「学生ローン」と呼ぶこともありますが、要は普通のサービスと同じだと思っても何ら問題はありません。一応、学生向けに特化したサービスを行っているものもあるので、そういったサービスを選択した場合は一般と異なる特典がある可能性に期待できます。限定的な得点に関しては後述するとして、まずは基本的な選び方を見ていきましょう。

 

どのような形であれ、「借金をする」という状況では返済に関する試算をすることが大切です。家族から借金をして、実質的には返済不要の状態になれば何も問題はありませんが、銀行や消費者金融などから借金をする場合そうはいきません。そもそも銀行は「お金を貸す」ということがメインの業務であり、そこから得られる利益によって成り立っています。ただ単に顧客の預金を管理しているだけではすぐに破綻してしまいますから、1円でも多くのお金を貸し出し、それに対する対価を得ることが必要です。

 

どのような形で対価を得るのかはサービスの提供者によりますが、一般的には「利息や手数料」という形です。たとえば、「100万円の借金に対して毎月1万円の利息を支払わなければいけない」というルールを設定したり、貸し出した金額(債権)に対して一定の割合で利息を徴収するといった形になります。この時、どの程度の割合で利息や手数料などのコストが発生するのかを表しているものが「金利」であり、契約時にはこの点をよく確認しなければいけません。

 

金利には、銀行が得る利益のすべてが含まれることがほとんどです。一応、金利の表記方法には「アドオン利率」と「実質年率」の二つがあり、それぞれで表記する幅が異なります。主な違いは、「コストして含める範囲」です。たとえば、アドオン利率では元金に対する利息の割合だけを表していますが、実質年率は1年間利用するために必要なすべてのコストを表しています。要は、金利として表記されている以外に余計なお金(コスト)が必要かどうかということで、実質年率の場合は余計に発生するコストはありません。

 

しかし、アドオン利率の場合は年会費や月会費などの費用が発生する可能性があるため、まったく同じ数値でもこちらの方が多くの負担を負うことになる可能性が高いです。現在の基準では実質年率のみ採用可能な状況ですが、アドオン利率での表記ができないわけではありません。万が一にも認識が異なっていると問題になってしまうので、契約するまでにしっかりと確認しましょう。

 

全体的な傾向として、消費者金融系よりも銀行系の方が低金利に設定してあることが多いです。すべてがそうというわけではありませんが、傾向としてこのような特徴があるということを踏まえて情報収集に当たると、より効率的に選択肢の優先順位を決めることができます。ただし、「すぐに借りたい」という状況では優先順位が大きく変わる可能性があります。

 

カードローンの特徴として、「即日融資」があります。これは、文字通り申し込みから融資完了までの時間が短いことを表しているわけですが、このサービスを希望する場合は対応している商品を選ぶことが必要です。以前は、消費者金融系と銀行系に即日融資対応の商品がありましたが、現在は消費者金融系のみしか存在しません。2018年から銀行系の即日融資が実質的に不可能となってしまったため、金利に不満があっても選択せざるを得ない状況が出てきます。

 

あくまでも利用環境のみを考えれば銀行系一択といっても良いでしょうが、融資スピードを加味すると状況が大きく変わるということを覚えておきましょう。もし、即日融資を希望している場合には、消費者金融系しか選択できないので金利の差が出づらく、ほかの部分で差別化して判断していくことになります。

 

「学生」に特化したサービスを利用する場合、次のような特典が期待できる可能性があります。「審査基準が低めに設定される」「必要書類の幅が広い」などの特典が期待できますが、基本的には通常のサービスと同じです。むしろ、これらの優遇が期待できるかと思いきや一切優遇がなく、あえて選択する価値がないと判断できるものも少なくありません。仮に優遇が受けられる場合も、融資を受けやすい代わりに限度額が低めに設定されるなど帳尻を合わせていることが多く、必ずしも優先できるというわけではないので注意しましょう。

 

融資までに1日以上の余裕がある場合は、消費者金融系と銀行系のどちらも選択できる可能性が高いです。銀行系の中には数日〜1か月程度の期間が必要になることもありますが、比較的数日程度で融資にこぎつけられるものが多く、その間待つことができれば優先順位は一気に上がります。ただでさえ半分程度の金利で利用できることにも期待ができるわけですから、あくまでも低金利だけを基準に判断するのであれば銀行系カードローン、その中でも特に金利設定が低いものを選びましょう。

 


[学生のカードローンの利用方法]の関連記事

カードローン,お金借りる,学生
学生時代には就職活動や、学費などでお金がかかることが多いと思います。教科書の購入や、サークル活動などで急な出費が重なる場合もあります。そのため学生ローンを利用する人が多くなっています。学生ローンを利用することにおいて、一番の関心ごとは、親バレをしてしまうかどうかの問題と思います。キャレントなどの学生ローンを借りた後、親にばれること自体がかなりのリスクですよね。消費者金融なども通帳記入や、郵送物で親...
カードローン,お金借りる,学生
親元から離れて賃貸で暮らしている学生さんは、仕送りに頼らずにアルバイトやパートで働いている方も多いでうしょう。しかし授業料やサークル費、恋人との交際費などで、学生の場合でも何かと出費がかさんでしまうものです。ただ学生の場合は、お金が足りなくなっても、キャッシングカードやカードローンでお金を借りることが出来ないケースもあります。そもそもキャッシングやカードローンでお金を借りるのは、最終手段にする必要...
カードローン,お金借りる,学生
学生ローンを利用する際の気になることの一つに、周りの友人や知人、そして親に知られたくないという方も多いのではないでしょうか!そういった学生さんの悩みは、学生ローンの会社の方も十分熟知していますので、安心してお金を借りることができます。たとえ自分が初めてお金を借りようとしているとしても、オペレーターの方は今までのたくさんの経験があるプロであるという事を忘れてはいけません。つまり、申し込みをする際には...
学生の方がお金を借りるときには学生ローンが便利ですが、そのほかにもお金を借りる方法はあります。まず、学生の方でもすでに成人していて、アルバイトなどで収入がある場合は消費者金融に申し込むことができます。一般的な学生ローンの場合は親権者の方の同意が必要であることも多いですが、消費者金融の場合なら、安定した収入があれば、アルバイトの方でも本人の名義で申し込みができます。すでに成人している方なら、親権者の...
即日融資サービスが充実しているのは、大手消費者金融です。学生が消費者金融業者を利用するためには、申し込み条件として学生が借りれるところを選ぶ必要があります。学生というよりも20歳を超えた成人でアルバイトなどの継続した収入があれば申し込みできます。大手消費者金融でしたら無利息ローンなどのお得なサービスもありますので、即日サービスと合わせて利用したいですね!学生がすぐ借りれるキャッシング会社にはアコム...
学生でもパートやアルバイトで安定した収入があり、20歳を過ぎていれば消費者金融でキャッシングが可能です。ただし、親ばれを防ぐためには金融会社側からの郵送や電話での自宅への通知をなくして、すべての手続きの連絡を、自分の携帯電話に設定したりする必要があります。、加えて借り入れするたびに発行される利用明細書もすべて郵送ではなくウェブ上でチェックできるようにあらかじめ設定しておく必要があります。あとは、借...

このページの先頭へ戻る