おまとめローンとのりかえローンの特徴と上手な利用方法

多重債務に悩んでいる方が増加している中で、そのような方を救済するプログラムとして、
消消費者金融や銀行カードローンは、おまとめローンのりかえローンという方法を用意しています。

 

プログラムとしては消費者金融業者が行うプログラムが多いです。

 

しかし銀行カードローンの場合は初めから金利は低いですし、借入限度額も高い設定の銀行が多いので
銀行で高めの限度額で乗り換えを実施できると、必然的におまとめローンを行ったことと同じことになります。

 

おまとめローンのプログラムのメリットとして挙げられるのは、
まずは多重債務者の返済先を一本化することができるという点です。

 

多重債務者の多くは、1つの金融機関からの借金額が100万円以上になっている場合が多く、
それが4社以上にもなっている状況です。

 

また、延滞している方が多いですから、損害金の加算もあって、
もう首が回らない状況になっているケースもあります。

 

そんな時に、金利の安い業者に借金を集中することができると、
月々の返済日も一本化することができるので、負担軽減につながります。

 

しかも借金一本化ができると、借金を返済する目標が明確になり
借金返済に近づくことが可能になります。

 

しかし気を付けたいことは、借金一本化をしたとしても結局は借金は残ったままですので、
おまとめローンを実施したからといって、返済の義務が減ったことでは無いです。

 

おまとめローンとのりかえローンの違い

おまとめローンとのりかえローンには2種が大きくありますが、その2つには根本的な違いがあります。

 

おまとめローンの場合には、多重債務からの脱却が大きな目的なので、
一本化してしまうことに意義があるのです。
その後に金利を安く使用などということではありません。

 

一方で、のりかえローンの場合は、金利の低いプログラムが見つかった時に、
そのプログラムに乗り換える形で借金することで、将来的な返済総額を減額しようとするものです。

 

しかし既に多重債務者の方が最初からおまとめローンを行うのは厳しく
のかかえローンを繰り返していくことになります。

 

のりかえローンを何度も行っていけば、最終的におまとめローン(借金一本化)が行えたことになるので、
まずは地道にのりかえローンを実施して行くことが、借金問題解決の近道になります。

 

↓↓↓おすすめのカードローンサービスはコチラから↓↓↓

お金借りる 安心

>>安心してお金を借りるにはコチラを参照下さい<<

 

[おまとめローンとのりかえローン]の関連記事

複数の金融機関からかりているお金を一つの金融機関にまとめるのがおまとめローンです。おまとめローンを利用すると月々の返済が一度で済んだり、金利を低くできるメリットがありますが、しかしおまとめローンは借金を肩代わりしてもらうので、通常のローンよりも審査基準が厳しいとされています。それはおまとめローンを利用するということは、複数の金融機関から既に借入をしている状況なので、借金返済能力を疑われてしまうから...
貸金業法改正による金融の総量規制により、消費者金融で借りる事ができるのは年収の1/3までとなりました。しかしこの総量規制には例外があり、そのひとつがおまとめローンです。複数の貸金業者から借入していて、いわゆる多重債務になっているときに、これを一社の借入にまとめて返済を一本化して返済しやすくするのがおまとめローンです。このときに金利が安く方向で、利用者に一方的に利益があることを条件に総量規制の年収の...

このページの先頭へ戻る